動乱の中の「とほかみえみため」

歴史


皆さまこんにちは!
エクレル講師石原政樹です。


前回は、現代の皇室に残る「とほかみえみため」をお伝えし、明治の動乱期に、その本当の意味合いは失われてしまった、いったい何がおきたのか?
というところで終わりました。


今回はその続き。
ちょっとショッキングな内容ですが、「とほかみえみため」を私たちに伝えた先人の苦労をたどりたいと思います。


明治維新の動乱期におきたこと。
それは天皇祭祀の抹殺でした。


いち早く危険を察した孝明天皇は
「とほかみえみため」の元締めとも言える白川伯王家最後の学頭である高濱清七郎を野に逃しました。
天皇はその後間もなく急死。
その死に関しては、毒殺説がいまだに根強く存在しています。


また当時祭祀に関わっていた「さにわ」「かみしろ」「はふりめ」達の多くは出自がはっきりしていたため、身元を突き止められ、ことごとく暗殺されたと「白川神祇官沿革物語」に記されています。


高濱清七郎から皇太子時代「十種神宝御法」を受けその意義を充分理解した明治天皇は即位後も
「高濱は今どこにいるか」と側近に再三再四問われたと言い伝えられていますが、
誰も消息を知らせることをせず、宮中に戻ることは叶いませんでした。


列強に伍するため、一神教的神社神道の確立に邁進していた彼らからすれば、本来の神=人の中の自由意志を発動する「とほかみえみため」を擁する白川伯家神道の存在は邪魔だったのでしょう。


現在彼等が遺した神社庁では「遠つ御祖神」という表現は残しつつも「とほかみえみため」は、

「はっきりした意味はわからない」
「もともと、占いに用いられた言葉」
(神社庁「神道いろは」)

という漠たる表現に覆われてしまっています。

以後、「とほかみえみため」の真伝は民間の中で密かに受け継がれていくこととなります。
それは民が神を掴む、新たな夜明けの始まりでした。

(つづく)

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


19 件のコメント

  • 今回のお話もありがとうございます。
    とほかみえみためが、このような歴史で消えていなければ、日本はどのような国になっていたのでしょうね。
    コスタリカの奇跡という映画があるそうですが、本当に平和を国の基準とする国が実在するわけです。

    日本も本当の意味で、平和であると嬉しいですね。

    • おっしゃる通りですね。

      「平けく清らけく安らけく」

      が「とほかみえみため」
      の精神です✨

      石原

  • 十種の神宝の本講座を受けられなかったので、詳しく残りの動画も見たかったですが、残念でした。伊藤博文の名前が、プレ講座で、ちょっと出ていましたが、
    伊藤博文は、中国で確かあんさつされたのですよね。 やれば、やられる。助ければ、助けられ、何から何まで、全て、自分に対して、行っているという事実。平和な世の中になる為にも、因果律という寸分狂いのない宇宙法則が、常識になる様に、言霊の力で、広めることが、可能であれば、そうしたいと思います。メール楽しみにしていますよ。今後ともよろしくお願いいたします。

    • ありがとうございます!

      とほかみえみためが平安な社会の到来につながることを確信しています(^^)

  • いつも深いお話をありがとうございます。
    ワープの講座でも多少お聴きした明治維新の歴史でしたが、その時には伊藤博文がどれくらい悪人だったとか二項対立の目線で聞いていたように思います。
    それが今日のコラムを読ませていただいて孝明天皇をはじめ殺されてしまった先人の方々の痛み、苦しみ血生臭さまで体感として伝わってくるような感覚を覚えました。それに呼応するように怒りや悲しみも立ち上ってきます。
    そういうときにも「とほかみえみため」ですね。
    疑問なのですが、
    孝明天皇を毒殺したのなら当然明治天皇になられる方にも危険が及ぶことは当然でしょう。でも結果として高濱先生をご存知なわけですからすり替えではなく正統の明治天皇が即位されてるということになります。
    都市伝説めいている「明治天皇のすり替え説」の本当のところも知りたいです。

  • 「とほかみえみため」の言霊が長い年月をかけて命がけで守られて来たのですね。2020年私達日本人が持つYAP遺伝子を覚醒され神さまと繋がることができるのですね。「とほかみえみため」を生涯唱え続けて行きます。世界中にいる日本人が一斉に唱えたら世界は悪なるものから守られていくと思います。ありがとうございます。

  • 今日も、世に知られていなかった真実を知ることができ、嬉しく思います。一つ、一つ真実が明らかになっていく事に、以前から見るとです。今日面白い体験をしました。いつもの様に祓い、鎮魂、そしてその後、祈りと感謝を捧げ、買い物に出ました。どんよりと雨の降りそうな空を見ながら、「とほかみえみため」を口づさみつつ歩きながら、ふと空を見上げました。すると雲間から光が放たれ、見る間に太陽の光がまぁるく現れたのです。思わず綺麗!と声をあげたら、ひと雫涙が溢れました。「とほかみえみため」と唱え、歩き始めてまた空を見ると太陽は雲間に隠れていましたが、今度は厚い雲の上に光が放たれました。まるで、「大丈夫、いつも見ているよ」と天から声をかけられたかの様に感じたのです。「有り難うございます」と祈りました。勿論「とほかみえみため」を唱えつつ❣️そして、この頃、家の中にイライラした声が飛び交うことが少なくなり、家族の顔が穏やかさを湛え始めました。本当に「とほかみえみため」はすごい言葉です。魔法の言葉です。

  • 石原様、スタッフの皆様、今日も素晴らしいコラムをありがとうございます。

    先人の苦労の先に今、私達に届けれれている「とほかみえみため」
    知れば知るほど、唱えずにはいられません。
    今、生かされている私も微力ながら、世の中に貢献できるよう願って「とほかみえみため」を唱えたいと思います。

  • いつも通常ではなかなか知ることが
    できないお話を聞かせていただいて
    ありがとうございます。
    次回のお話も読ませていたたくの
    楽しみにしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    石原政樹
    禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
    その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
    現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
    祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している