とほかみえみためマジック

効果


皆さま、こんにちは。
石原政樹です。
いよいよ、コロナ騒ぎも集団ヒステリー状態
に入りつつありますね (⌒-⌒; )

ここのところ、

某県の大病院が、
東京から来た妊婦の方の引き受けを断り
ギリギリのところで帝王切開で出産。

他県のナンバーの車が停まっていると、
釘で車体に傷をつける。

また、某県に帰省した女子学生の一家が指弾され、
地元にいられなくなり、一家で行方不明。

など、悲しくなるような話を耳にします。

多くの日本人が日頃から情報に流され、
自発的に思考していないために、
非常時になると必要以上に情緒不安定に
なってしまうのでしょう。

目の前の自分の生命の危険に対して、
(理性を失って)過敏に反応してしまうというのは、
ある面、止むを得ないところでもあります。

しかし、日本人は本来、神を迎える遺伝子
を持っています。

昭和初期まで、国のために命さえ捨てる人たちが、
普通に存在していた国であり、
その先祖の遺伝子は、いま集団ヒステリー状態に
陥っている人の中にもシッカリと受け継がれています。

だとすれば、目の前の人を諭すより
相手の遠津御祖神に発動していただくことが
大切だとわかります。

遠津御祖神は五階層「体・情・魂・霊・神」の
「神」ですから、時間空間の制約を超えて
様々な地域の、様々な人々の、様々な階層に
働きかけることができます。

それに対して、体の階層は目の前にいる人が
対象になります。
一人一人を説得しても、全体に働きかけることはできず、
体力的にも大変です。

私たちが日々、「とほかみえみため」を唱え、
混乱している人々の背後にあるエネルギー
を発動させることによって、
日本、ひいては世界を今の窮状から救うことができます。

例えば、理性を失っている人が「とほかみえみため」
の周波数に触れて我に還る。

つまり、
「なぜ、私の感情はこんなに高ぶっているんだろう」
「なんでこんなに怯えているんだろう」と催眠状態から
覚めるようなことが起こり得るのです。

今回のコロナ騒動を機に、
全国民の遠津御親神を私たちが祓い清めていく時代に入った。
そんな気がします。

そして、日々の「とほかみえみため」で
私たちの遠津御親神にも十分に発動していただき、
色々な意味でのウイルスが蔓延した
世界に働きかける礎になろうでは
ありませんか。

とおつみおやのかみ、
どうぞご笑覧あれ!

ABOUT US

石原政樹
禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。


27 件のコメント

  • おはようございます。
    いつもありがとうございます。
    本当に、集団ヒステリー状態になってますね。
    自分の精神の均衡(それが二項対立で成り立っている場合)が脅かされる時、正義感という自己正当化の感情の元に誰かを罰する、
    そんな感じがします。芸能人が不祥事で叩かれる時も似ています。本当は自分のため、なんだけど、それにも気がついていない。
    大元に淡々と働きかけたほうが、はるかに効率がいいですね。

    とほかみえみため〜

  • おはようございます♪
    日本人の優れた遺伝子、古代から現在まで引き継がれた叡智を知ってしまったら、後戻りすることはできません。
    日々、淡々と祓い・鎮魂・言霊と とほかみえみため を40回唱えさせていただくことで、自分自身の五魂を鎮め、その鎮まった波動が周りも鎮めることができますように!

  • 3日前ですが、『とほかみえみため』と、六甲山を眺めながら朝から10回ほど唱えていたら『コロナ』と『感謝』という文字が浮かんできました。
    コロナって何だったのだろう?と考えながら、1日過ごした翌日、朝のニュースで『神戸で新たな感染者が初めて0』という事が報じられ、とほかみえみためは、不思議ないろんな事を感じることができました。
    ありがとうございます♪

  • すばらしいお話しをありがとうございます。日本人の中には元々ダイレクトに神につながる遺伝子が組み込まれているのですね。私もなにかもやっとする時とほかみえみためを唱えると安心して心が落ち着きます。この言葉を伝えていただき感謝です。ありがとうございます。

  • 貴重なお話しありがとうございます。
    とほかみえみためを唱えて三か月過ぎました。
    平安に清々しい環境が作られているように感じます。本当に感謝致します。

  • 石原さんいつもありがとうございます。
    拝読してより日々の「とほかみえみため」の意義を噛み締めながら唱えていけそうな気がします。
    皆の祓いの波動が遠津御親神の発動に繋がるなら、なんとしても心合わせをして輪を大きくして
    いきたいものです。これからもご指導をお願いします。

  • こんにちは、いつも、お世話になっております。
    石原さん、素晴らしいコラムを、ありがとうございました。とても、よく解りました。私は、目の前の人を、何とかしようとしていました。そうではなくて、その人の背後の方に、ですね。なるほど‼️

  • 石原先生、こんにちは!
    素晴らしい愉をありがとうございます!
    今はまだ、自分のご先祖、自分という括りでとほかみえみためを唱えていますが、広い意味では近隣の人、日本人、世界人へ向けて唱えているんだ〜と思いました。
    日本人が前線に立ち、皆を率いる存在であるならば、私も頑張ります!
    とほかみえみためを唱えるときの自分の音域、最近は心地良さを感じ始めています。
    ありがとうございます!

  • >今回のコロナ騒動を機に、
    全国民の遠津御親神を私たちが祓い清めていく時代に入った。
    そんな気がします。

    なるほど!とほかみえみためを唱える、私たちがその役を担うのですね!
    そのために、仲間がどんどん必要だということですね!

    >日々の「とほかみえみため」で
    私たちの遠津御親神にも十分に発動していただき、
    色々な意味でのウイルスが蔓延した
    世界に働きかける礎になろうでは
    ありませんか。

    了解しました!

    とほかみプロジェクトオンラインサロン「みえます」でもどうぞ、よろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です