亀の甲羅と「とほかみえみため」

歴史


皆さまこんにちは!
エクレル講師石原政樹です。

この度、長らく封印されてきた「とほかみえみため」の叡智を
皆さんと分かち合えることを心より嬉しく思います。

私からは数回にわたり「とほかみえみため」伝承の足跡に触れていきたいと思います。

といっても歴史の授業ではありませんので、皆さんに「とほかみえみため」に
親しんでいただくため印象的な出来事、人物のトピックをランダムにご紹介して行きますね。

今回は現代の皇室に息づく、「とほかみえみため」のお話です。

昨年は新天皇即位に湧いた一年でしたが、大嘗祭など様々な儀式に先立ち、
非公開の宮中祭祀「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」
が行われていたのはご存知でしょうか?

これは天皇陛下の皇位継承に伴い、「大嘗祭」に使用するお米の産地を占うため、
薄く削ったアオウミガメの甲羅を火で炙った際にできる亀裂で大嘗祭に用いるお米を決める祭祀です。
これは亀卜(きぼく)と呼ばれ、ルーツとしては越後国一の宮の彌彦神社が有名です。
古代は鹿の骨も用いられたことが記録に残っています。

結果として、
栃木県の「とちぎの星」
京都の「京都丹波キヌヒカリ」
が選ばれたのは記憶に新しいところ。

この儀式の際に「とほかみえみため」が唱えられているのです。

具体的には、甲羅を火にかざす際に
「ト」・「ホ」・「カミ」・「エミ」・「タメ」を唱えるのですが、
これは火にかざす「方向」を表すのだそうのです。

「Live News it! 2019年5月13日」の取材によると、「ト」は下、「ホ」は上、
「カミ」は左、「エミ」は右、「タメ」が中央で、唱えながらそれぞれの方向に意味があり、
火にかざしながら甲羅を移動させ炙るといいます。

儀式の始まりは古く、奈良時代頃からだと言われています。

このように現在でも皇室祭祀に名残を留めている「とほかみえみため」ですが、
明治の動乱期に、その本当の意味合いは失われてしまいました。

いったい何がおきたのでしょうか?
次回はその辺をお伝えさせていただきます。
ご期待ください♪

石原政樹

ABOUT US

石原政樹
禅僧の祖父の影響で、子どもの頃から禅や各種瞑想に親しむ。20代後半、10時間を超える瞑想中にエネルギーが覚醒、一切の存在と融合するという神秘体験をする。
その後、少林拳、少林武術、太極拳、古武術、レイキ、気功、気導術、ヴィパッサナー、肥田式強健術、等を学ぶ。崇山少林寺では14代館長釈永信管長より、動功の免許を拝受。
現在はneten株式会社顧問・白川伯家神道を継承する一般社団法人白川学館理事を勤める。
祓い・鎮魂・言霊・netenテクノロジーこそが時代のあらゆる局面を解決できる鍵であることを実感、その普及に尽力している

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。