究極の唱え方とは

総括


こんにちは。大野靖志です。

この歌をご存知でしょうか?

「となふれば 仏もわれも なかりけり
南無阿弥陀仏 なむあみだぶつ」

これは一遍上人が
法灯国師との参禅問答の際、
詠まれたものです。

一遍上人は、のちに語録のなかで、

「我体を捨て南無阿弥陀仏と
独一なるを一心不乱といふなり。
されば念々の称名は念仏が念仏を申なり」

と述べています。

これを「とほかみ」に当てはめますと、

「となふれば 神もわれも なかりけり
とほかみえみため とほかみえみため」

と、こうなるでしょう。

この歌に唱え方の奥義が隠されています。(了)

PS. 私のコラムは4月末で一旦終了となります。
現在エクレルの新体制につき、
新たな仕組みを準備しておりますので、
事務局からのご案内を楽しみにしていて下さい。

「とほかみえみため」という8語の言霊に秘められた叡智をはじめ、
日本に古来から伝わる、幸せに生きるための叡智を、
私たち現代人が誰でも活用できるように
ほぼ日刊で朝7時に配信しています。

ポータルサイト【エクレル】と連動しているほか、
「とほかみProject」の最新情報も一番にお知らせします!

その日最高のスタートを「とほかみ通信」からはじめましょう。
「とほかみ通信」でお逢いできること、楽しみにしております。

お名前(名字)
 
 
メールアドレス

*すでに「とほかみ通信」を購読中の方はご登録不要です。
*必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
*登録完了後1分以内に最初のメールをお届けします。
*メールマガジンは無料で登録でき、いつでも解除が可能です。